• 本

吸血鬼と猛獣使い

集英社オレンジ文庫 あ4−8

出版社名 集英社
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-08-680455-4
4-08-680455-7
税込価格 649円
頁数・縦 232P 15cm

商品内容

要旨

町を渡り歩くサーカス団から、ライオンが脱走した!?ひとたび騒ぎになれば、大事なライオンが射殺されてしまう。団員たちは秘密裏に捜索を始めるが…。一方、ぐっすり眠っていたエリカを一本の電話が叩き起こした。相手は「あんたのせいで娘が家出したから捜せ」と怒鳴りつけ!?表題作ほか2編を収録。吸血鬼はお年ごろシリーズ、待望の最新作!

出版社・メーカーコメント

ある朝。町から町を渡り歩くサーカス団から、ライオンが脱走した!? ひとたび騒ぎになれば、大事なライオンが射殺されてしまう。団員たちは秘密裏に捜索を始めるが……。一方、ぐっすり眠っていたエリカを一本の電話が叩き起こした。相手はエリカの家庭教師バイト先の父親で、「あんたのせいで娘が家出したから探せ」と怒鳴りつけ!? 表題作ほか、訪れた温泉地で豪雨に見舞われ……どうする、吸血鬼父娘?(「吸血鬼に雨が降る」)、「走るのが大嫌い」というマラソン選手・アンナの身体の異変に気付いたクロロックだが……(「不屈の吸血鬼」)2編を収録。吸血鬼はお年ごろシリーズ、待望の最新作!

著者紹介

赤川 次郎 (アカガワ ジロウ)  
1948年福岡県生まれ。魚座。A型。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。「及血鬼はお年ごろ」シリーズほか、著書多数。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、吉川英治文学賞受賞。趣味は映画、クラシック音楽(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)