• 本

こいごころ

出版社名 新潮社
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-10-450729-0
4-10-450729-6
税込価格 1,540円
頁数・縦 253P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • こいごころ

    大人気連作短編集「しゃばけシリーズ」の最新刊。2001年スタートしてなんと21弾を数え、シリーズ累計1000万部もみえてきた。馴染みのキャラが一瞬にして江戸の世界へトリップさせてくれる。永遠に生きるはずの妖(あやかし)の力が衰えて、もしかして最期が近いのか。いつも通り笑わせてもくれますが、今回は切ない展開も。もっとも読みやすい時代小説としておすすめです。

    (2022年9月7日)

商品内容

要旨

「また会いたい」最後に唯一、それだけを願っていた。永遠の命を持つはずの妖にとっての最期とは―。感涙必至の初恋に胸キュンが止まらない!大人気「しゃばけシリーズ」。

出版社・メーカーコメント

感涙必至の初恋に胸キュンが止まらない! 「しゃばけ」シリーズ最新刊!! 剣呑なお願いをする妖狐(ようこ)・老々丸と笹丸が現れて、またもや若だんなは頭を悩ましているってぇ! しかも笹丸は妖(あやかし)としての力が尽きかけているようで、兄(にい)やも長崎屋の妖たちもいつもと様子が違う……。あまりに切実な、“また会いたい”という願い、永遠の命を持つはずの妖にとっての最期とは――。シリーズ第21弾。

著者紹介

畠中 恵 (ハタケナカ メグミ)  
高知生まれ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース・イラスト科卒。2001年『しゃばけ』で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)