• 本

翻訳書簡『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅

出版社名 NHK出版
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-14-035181-9
4-14-035181-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 217P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 上白石萌音さんが、翻訳家の河野万里子さんからのお手紙で手ほどきを受けながら「赤毛のアン」の名場面の翻訳に挑戦します。二人の往復書簡を通して、いっしょに英語と日本語をめぐる、言葉の旅に出かけてみませんか。

    (2022年8月22日)

商品内容

要旨

上白石萌音、翻訳家デビュー。『赤毛のアン』を読み、訳し、言葉をみがく。

目次

訳者は役者に通ず
アンの“wonderful”
ヤクシャは監督にも通ず
翻訳を生かすも殺すも会話次第
話し言葉は現実と虚構の間を
ギルバート、登場
語感を研ぎ澄ます
アンの部屋を満たしているのは…
ただ一つの言葉を選びとる
言葉は誘い合う
求心力と呼吸力
感動の大きさを、そのままに
正解はないけれど

出版社・メーカーコメント

“朝ドラ”『カムカムエヴリバディ』でも見事な英語力を披露した上白石萌音さん。人気翻訳家の河野万里子さんとのお手紙を通して、萌音さんが愛する珠玉の名作『赤毛のアン』の名シーンを翻訳する。撮りおろしカットのほか、萌音さんの朗読音声ダウンロード付き!

著者紹介

上白石 萌音 (カミシライシ モネ)  
俳優。1998年、鹿児島県生まれ。2011年、第7回「東宝シンデレラ」オーディション審査員特別賞受賞。俳優のほか歌手、ナレーター、声優など幅広く活躍
河野 万里子 (コウノ マリコ)  
文芸翻訳家。1959年生まれ、上智大学外国語学部フランス語学科卒業。上智大学外国語学部非常勤講師。英語、フランス語の翻訳を手がける。訳書に2021年本屋大賞翻訳小説部門第2位を受賞した、グランベール『神さまの貨物』など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)