• 本

びっくり深海魚 世にも奇妙なお魚物語

出版社名 エクスナレッジ
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-7678-3036-0
4-7678-3036-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 223P 21cm

商品内容

要旨

深海魚を追いかけ70年!世界中の海を旅した魚類界の権威による深海魚奇譚。ウロコしか食べない、フグのように膨らむ深海ザメ、腸を引きずる仔魚、深海魚と人魚伝説。

目次

序章 深海ってどんなところ?
1章 摂餌(深海魚のトラバサミ
大食漢 ほか)
2章 防御(しびれる深海魚
墨を発射する ほか)
3章 繁殖(セレナーデか、デュエットか
合同結婚式 ほか)
4章 人と深海魚(名付けの妙
研究している魚に似てくれば一人前 ほか)

出版社・メーカーコメント

世界中の海で深海魚を追い続けてきた研究者の約70年間のエピソードを凝縮!  光が届かず、食物連鎖も成り立たない深海という過酷な環境で、魚たちはどのように餌を捕まえ、外敵から身を守り、次の世代に命をつないでいるのか――。そして、私たち人間と深海魚はどのように関わってきたのか――。4つの視点で深海魚の驚きの生態に迫ります。 ■目次序章 深海ってどんなところ? 1章 摂餌深海魚のトラバサミ 大食漢牙と針で何を食べる おろし金vsアイスクリームディッシャー ウロコが大好き 悪魔の誘惑 怪しげな光 子どもの脱腸 電気センサーとパラボラアンテナ 大きな目、小さな目、埋没した目 エイリアンの目 あご自慢 第2章 防御 しびれる深海魚 墨を発射する深海の忍者 幽霊か、悪魔か、それとも鬼か フグ「サメ、お前もか! 」 鎧、兜、感知器 歩く深海魚 第3章 繁殖 セレナーデか、デュエットか 合同結婚式 レインボーな魚たち ウナギは淡水魚か、それとも深海魚か 見た目は子ども、中身はおとな 悲しき雄物語 家族を探して……どなたの赤ちゃん? 4章 人と深海魚 名付けの妙 研究している魚に似てくれば一人前 おいしい深海魚 人魚伝説 ペリカン アンコウモドキの百面相 日本人ほど魚好きの民族はいない

著者紹介

尼岡 邦夫 (アマオカ クニオ)  
1936年生まれ。京都大学大学院農学研究科水産学専攻博士課程修了。農学博士。北海道大学名誉教授。日本魚類学会名誉会員。アメリカ魚類・爬虫類学会外国名誉会員。専門は魚類学、魚類分類学。特にヒラメ・カレイ類(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)