• 本

異国の女(ひと)に捧ぐ散文

出版社名 エディション・イレーヌ
出版年月 2022年7月
ISBNコード 978-4-9909157-9-7
4-9909157-9-8
税込価格 3,520円
頁数・縦 35P 22cm

商品内容

要旨

グラック、幻の散文詩集。著者が私家版・限定63部で発表した知られざる佳品。硬質で燦めくような隠喩を散りばめた美文が、熱い情念と直截な愛に高揚する、世にも壮麗な絶唱12篇。

著者紹介

グラック,ジュリアン (グラック,ジュリアン)   Gracq,Julien
1910〜2007。シュルレアリスムやドイツ・ロマン派に深く影響を受けたフランスの作家。処女小説『アルゴールの城にて』(1938)でアンドレ・ブルトンに激賞されデビュー。1951年の『シルトの岸辺』でゴンクール賞に選ばれたが、受賞を拒否した他、評論集『偏愛の文学』(1961)では、生の流動を遮断する文学の閉塞化、商業主義化を徹底して批判するなど、ブルトンの思想の流れを汲む反骨の作家として知られる
松本 完治 (マツモト カンジ)  
仏文学者・生田耕作氏に師事し、大学在学中の1983年に文芸出版エディション・イレーヌを設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)