• 本

学問と裁判 裁判所・都立大・早稲田大の倫理を問う

出版社名 同時代社
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-88683-929-9
4-88683-929-0
税込価格 2,750円
頁数・縦 353P 20cm

商品内容

要旨

学術界に衝撃を与えた「剽窃事件」に、裁判所は学問的に正しい判決を下せたのか。学術の存立を脅かす研究不正に対し、大学は学問の独立に基づく審査を貫けたのか―。その責を問う!

目次

第1部 裁判所への批判
第2部 東京都立大学への批判―大学における研究倫理審査の形骸化(一)
第3部 早稲田大学への批判―大学における研究倫理審査の形骸化(二)
第4部 早稲田大学への私の「通報書」(全文)
第5部 本裁判に寄せられた書評・書評論文(前作『創作か盗作か』をめぐって)
第6部 裁判記録に見る小林英夫氏の主張
補論 本裁判の社会的反響・裁判支援運動と学会での動き

著者紹介

原 朗 (ハラ アキラ)  
1939年生まれ。東京大学大学院経済学研究科博士課程中退。東京大学名誉教授。東京国際大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)