• 本

祈りのカルテ 〔2〕

再会のセラピー

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-04-112536-6
4-04-112536-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 243P 19cm
シリーズ名 祈りのカルテ

商品内容

要旨

研修を経て、循環器内科医となった諏訪野良太は、学会発表を終えた帰り、医学生時代の同級生である小鳥遊に遭遇する。小鳥遊が連れていた研修医・鴻ノ池に、研修のエピソードを求められた諏訪野の脳裏に蘇るのは、親身に寄り添ってきた患者たちのこと。まるで戦場のような救急部、心の傷と向き合う形成外科、かけがえのない“ある人”との出会いと別れを経験した緩和ケア科。切なくもあたたかな記憶の扉がいま開く。心震える医療ミステリ「祈りのカルテ」シリーズ、待望の新刊!

出版社・メーカーコメント

感涙必至の連作医療ミステリ!研修医・諏訪野良太は、初期臨床研修で様々な科を回っている。人に言えない秘密を抱えた患者たちと真摯に向き合い、その心の謎を解き明かすなかで良太自身も成長していく、感動の医療ミステリ。

著者紹介

知念 実希人 (チネン ミキト)  
1978年、沖縄県生まれ。東京慈恵会医科大学卒業。内科医。2004年から医師として勤務。11年、第4回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を「レゾン・デートル」で受賞。12年、同作を改題した『誰がための刃 レゾンデートル』で作家デビュー。15年、『仮面病棟』が啓文堂書店文庫大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)