• 本

コロナワクチン失敗の本質

宝島社新書 653

出版社名 宝島社
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-299-03137-2
4-299-03137-7
税込価格 990円
頁数・縦 231P 18cm

商品内容

要旨

国民の約8割が2回以上のワクチン接種をしたにもかかわらず、新型コロナが終息する兆しは、いっこうに見えない。それどころか第7波が到来し感染は拡大。そしてこのワクチン接種が始まって以降、日本国内の死者数は増加している―これはもう、「このワクチンを含むコロナ対策は失敗だった」と総括せざるを得ない状況ではないのか。当初から、コロナワクチンの安全性と有効性を慎重に見極めるべきだと警鐘を鳴らしてきた著者二人が、このワクチンの正体とコロナ騒動の不可解な部分に迫る。

目次

第1章 コロナワクチンの「正体」(集団免疫は獲得できなかった
集団免疫に懐疑的だったワクチン研究者たち ほか)
第2章 コロナマネーの深い闇(安全性に関する議論は尽くされたのか
新型コロナは「賭け」に出るべきウイルスではない ほか)
第3章 マスコミの大罪(「ワクチンの話はしないでください」
政府の情報を垂れ流しているだけ ほか)
第4章 コロナ騒ぎはもうやめろ(形骸化している感染対策
アルコール消毒液に含まれている「不純物」 ほか)

出版社・メーカーコメント

感染予防効果も集団免疫獲得も真っ赤なウソだった! 国も研究者たちも口を噤むmRAワクチンの恐ろしい真実――。『ウイルス学者の責任』(PHP新書)などで知られる京都大学ウイルス・再生医科学研究所准教授の宮沢孝幸氏と、『コロナ自粛の大罪』(宝島社新書)などの著書があるジャーナリスト・鳥集徹氏による初の対談本。

著者紹介

宮沢 孝幸 (ミヤザワ タカユキ)  
1964年、東京都生まれ。兵庫県西宮市出身。京都大学医生物学研究所ウイルス共進化分野准教授。1990年、東京大学農学部畜産獣医学科卒業、獣医師免許を取得。東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻で動物由来ウイルスを研究。東大初の飛び級(修業年限短縮)で博士号(獣医学)を取得。英国グラスゴー大学博士研究員(日本学術振興会海外特別研究員)、東京大学農学部助手、英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)名誉研究員、大阪大学微生物病研究所エマージング感染症研究センター助手、科学技術振興機構(JST)さきがけ研究21(PRESTO)チームリーダー、帯広畜産大学畜産学部獣医学科助教授、京都大学ウイルス研究所助教授などを経て現職
鳥集 徹 (トリダマリ トオル)  
1966年、兵庫県生まれ。同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒。同大学院文学研究科修士課程修了。会社員・出版社勤務を経て、2004年から医療問題を中心にジャーナリストとして活動。タミフル寄附金問題やインプラント使い回し疑惑等でスクープを発表。『週刊文春』『女性セブン』等に記事を寄稿してきた。2015年に著書『新薬の罠 子宮頸がん、認知症…10兆円の闇』(文藝春秋)で、第4回日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)