• 本

官能の庭 バロックの宇宙

官能の庭 4

出版社名 ありな書房
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-7566-2281-5
4-7566-2281-X
税込価格 2,640円
頁数・縦 190P 21cm

商品内容

要旨

未踏の漆黒の闇の中に、一条の光が射しこむがごとく、無限の想像力と鑑識眼を秘め、ルネサンスからマニエリスム、バロックへといたる美術表現と、その中に投影された文学的レミニサンスのテクスチュアの中を、縦横無尽、自在無礙に渉猟し、博捜し、連鎖する不可視の苦痛/快楽する芸術的感性の輪郭を顕わにしつつ、“愛”と“魂”のくねりあう官能の“美”を普遍的な相のもとに映しだす壮大な叡智の業!

目次

プロローグ 奇矯の美学―マリオ・プラーツの宇宙
バロックの都市プラハ
ボヘミアとシチリアのバロック
メキシコの聖堂
熱帯のロココ様式
サクロ・モンテの礼拝堂
官能の庭
ズンボが造形したペストの風景
ウァニタス
エピローグ 官能の庭―バロックの宇宙のただなかへ

出版社・メーカーコメント

あらゆる時代、あらゆる民族に共通する〈精神の形態〉、磨きぬかれた野生、あからさまな放蕩、徹底した貪欲、洗練された野蛮、これら眩暈を催すバロックという万華鏡を、バロック都市プラハに、ボヘミアとシチリアの聖堂に、中南米のスペイン・ルーツの聖堂装飾に、イタリア北部の聖地サクロ・モンテに、ヤン・ブリューゲルの五感の寓意画に、またズンボの造形したペストの?表象に、そして「メメント・モリ」のウァニタス画に、ジャンルを超えて探るプラーツ美学の精髄!

著者紹介

伊藤 博明 (イトウ ヒロアキ)  
専修大学文学部教授/イタリア思想史
若桑 みどり (ワカクワ ミドリ)  
1935年生〜2007年歿/イタリア美術史
上村 清雄 (ウエムラ キヨオ)  
1952年生〜2017年歿/イタリア美術史
新保 淳乃 (シンボ キヨノ)  
武蔵大学人文学部講師/イタリア美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)