• 本

東大生が日本を100人の島に例えたら面白いほど経済がわかった!

sanctuary books

出版社名 サンクチュアリ出版
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-8014-0099-3
4-8014-0099-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 297P 19cm

商品内容

要旨

金利、国債、為替、インフレ、MMT、景気って誰が決めてるの?寓話で学べるビジネス教養。

目次

1 ケイザイ以前の話
2 国家とお金
3 国の役割と政府のお仕事
4 景気と物価
5 投機と債券
6 貿易と為替
7 課題と未来

出版社・メーカーコメント

経済ってわかりにくい…。  なぜなら、  難しい経済用語や謎の数字が出てくるから。  話のスケールが大きすぎるから。  自分の暮らしとの関係がよく見えないから。    この本は一人の東大生が、日本や世界のお金の動きを、「100人の島で起きた出来事」としてぎゅっとまとめ、めちゃくちゃわかりやすく解説した本です。  ユーモラスな動物たちの図解が入って、中高生から大人まで、誰でも「経済がわかる」内容になっています。  経済がわかると、世の中の流れが見えるようになります。と同時に、不思議と日頃の悩みが小さくなっていきます。  「経済がわかる」のは楽しいですよ。ぜひ体験してみてください。     ■1章 ケイザイ以前の話  1-1 言葉を使おう  1-2 役割分担をしよう  1-3 どうやって分ける?  1-4 ルールとお金を作ろう  1-5 政府と公務員を作ろう    ■2章 政府とお金  2-1 お金にはなぜ価値があるの?  2-2 お金の増え方(政府が発行する場合)  2-3 税金ってなに?  2-4 お金の増え方(国債の場合)  2-5 自分の財産ってなに?  2-6 お金の増え方(民間銀行による信用創造の場合)  2-7 島のお金の発行量  2-8 ぎりしゃ島の破産    ■3章 国の役割と政府のお仕事  3-1 国の役割ってなに?  3-2 ルールの穴をふさごう  3-3 政府の仕事ってなに?  3-4 政府にできること、できないこと  3-5 お金のバランスを取ろう    ■4章 景気と物価  4-1 値段の決まり方  4-2 物価の決まり方  4-3 物価を上げよう  4-4 景気を良くしよう  4-5 ハイパーインフレってなに?    ■5章 投機と債券  5-1 投機バブルってなに?  5-2 住民の債券ってなに?  5-3 金融危機ってなに?  5-4 株券ってなに?    ■6章 貿易と為替  6-1 貿易をしよう(お金がない場合)  6-2 貿易をしよう(お金がある場合)  6-3 為替レートってなに?  6-4 エン高エン安ってなに?  6-5 通貨発行はほどほどにしよう  6-6 関税ってなに?  6-7 変動(固定)相場制ってなに?  6-8 島の力を強くしよう    ■7章 これからむかう先  7-1 国のシステムってなに?  7-2 資本主義の課題ってなに?  7-3 持続可能にしよう  7-4 理想の主義ってなに?  7-5 買えないものを大切にしよう

著者紹介

ムギタロー (ムギタロー)  
1994年生まれ。福島県出身。経済評論家。社会基盤学や粉粒体物理学を専門とする研究者。2013年県立福島高校卒。2017年東京大学工学部卒。2022年東京大学工学系研究科博士後期課程修了。博士(工学)取得。YouTuberとして、現代貨幣理論を中心とした最新経済学を一般向けにわかりやすく解説することに定評がある。ポエトリーラッパーとしても活動中
井上 智洋 (イノウエ トモヒロ)  
経済学者。駒澤大学経済学部准教授。慶應義塾大学環境情報学部卒業。IT企業勤務を経て、早稲田大学大学院経済学研究科に入学。同大学院にて博士(経済学)を取得。2017年から現職。専門はマクロ経済学、貨幣経済理論、成長理論
望月 慎 (モチズキ シン)  
一般社団法人経済学101所属翻訳者。2013年「望月夜」名義で経済ブログ活動開始。主にマクロ経済学、マクロ経済政策についての論説を中心に展開。2017年には一般社団法人経済学101に参加し翻訳活動開始。「MMT四天王」と称される論者の一人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)