• 本

80歳のスパイス屋さんが伝えたい人生で大切なこと

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-04-605970-3
4-04-605970-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 190P 19cm

商品内容

要旨

福岡県久留米市発スパイス一筋40年ハイカラ料理研究家の生きるヒント。

目次

1 80歳、スパイスのある豊かな暮らし(朝はハーブの力で目覚めます
スパイスやハーブたっぷりの朝食が健康の秘訣 ほか)
2 スパイスに魅了された人生(商売人の娘に生まれて、物を売る楽しさを知る
料理の勉強を始めたのは食いしん坊だったから ほか)
3 「TAKECO1982」の誕生(73歳でスパイス屋を始めました
「食」の記憶が子どもの感受性を育てる ほか)
4 スパイスの冒険は続く(子どもたちの未来のためにできることを考える
皆が喜ぶことでお金を生かしたい ほか)
TAKECO’Sスパイス料理レシピ(チキンカレー
チリコンカンのつばきカレー/きのこづくしのスープ ほか)

出版社・メーカーコメント

生きることは、食べること  料理することは、愛すること80歳でも現役で、料理教室やスパイスの専門店を主宰する女性による生き方エッセイ。認知症の夫の介護をしながらも、仕事を手放さず、毎日を明るく楽しく過ごす著者の生き方や考え方は、元気を与えてくれる。

著者紹介

吉山 武子 (ヨシヤマ タケコ)  
1942年生まれ。スパイスブレンダー、スパイス料理研究家。福岡県久留米市にあるスパイス専門店「TAKECO1982」主宰。40歳のころ、スパイスカレーに初めて出会い、おいしさと香りに衝撃を受けた。スパイス料理の世界に魅了され、勉強を開始。当時はカレー粉くらいしかなかったスパイスの幅広さやおいしさを広く伝えようと、移動形式で料理教室を開始する。以来、スパイスを通じて料理を作る愉しみ、食べるよろこびを草の根運動的に伝えてきた。明るく気さくなキャラクターと、家族を思う深い愛情が共感を呼び、新聞、テレビなどに取り上げられ、話題に。オリジナルブレンドのミックススパイスの人気に火がつき、独自のスパイスを商品化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)