• 本

北陸の名城を歩く 富山編

出版社名 吉川弘文館
出版年月 2022年9月
ISBNコード 978-4-642-08411-6
4-642-08411-8
税込価格 2,750円
頁数・縦 248P 22cm
シリーズ名 北陸の名城を歩く

商品内容

要旨

神保・上杉・佐々氏ら、群雄が割拠した往時を偲ばせる空堀や土塁、曲輪が訪れる者を魅了する。富山県内から精選した名城五九を呉西・呉東に分け、豊富な図版を交えてわかりやすく紹介。シリーズ待望の北陸編第二弾。

目次

呉西(荒山城
森寺城
阿尾城
中村城
千久里城 ほか)
呉東(富山城
白鳥城
安田城
大峪城
新庄城 ほか)

出版社・メーカーコメント

神保・長尾・上杉・佐々氏ら、群雄が割拠した往時を偲ばせる空堀や土塁、曲輪が訪れる者たちを魅了する。富山県内から精選した名城59を呉西・呉東に分け、豊富な図版を交えながらわかりやすく紹介する。詳細かつ正確な解説とデータは城探訪に最適。最新の発掘調査成果に文献による裏付けを加えた、〈名城を歩く〉シリーズ待望の北陸編の第2弾。

著者紹介

佐伯 哲也 (サエキ テツヤ)  
1963年、富山県に生まれる。1982年、関西電力入社。北陸城郭研究会会長、富山の中世を語る会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)