• 本

呪縛伝説殺人事件

出版社名 南雲堂
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-523-26609-9
4-523-26609-3
税込価格 2,420円
頁数・縦 496P 20cm

商品内容

要旨

栃木県の片田舎に小さな村があった。その村には“アヤの祟り”という言い伝えがあり、アヤという名の女性が村に入ると禍が起こるというものだった。現在村は“梅屋敷”と“藤屋敷”の二つの家を中心に動いていた。東京から戻ってきた“梅屋敷”の跡取り和壱が、密室内で拳銃自殺を遂げた…。

出版社・メーカーコメント

栃木県の片田舎に小さな村があった。その村には<アヤの祟り>という言い伝えがあり、アヤという名の女性が村に入ると災いが起こるというものだった。現在、村は<梅屋敷>と<藤屋敷>の二つの家を中心に動いていた。東京から家に戻ってきた<梅屋敷>の跡取り和壱が密室内で拳銃自殺をした……。

著者紹介

羽純 未雪 (ウズミ ミユキ)  
埼玉県生まれ。本格ミステリ作家クラブ会員
二階堂 黎人 (ニカイドウ レイト)  
1959年東京都生まれ。90年、第1回鮎川哲也賞で『吸血の家』が佳作入選。92年の『地獄の奇術師』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)