• 本

暗闇のなかの光 ブラックホール、宇宙、そして私たち

出版社名 亜紀書房
出版年月 2022年9月
ISBNコード 978-4-7505-1760-5
4-7505-1760-7
税込価格 2,970円
頁数・縦 435,24,17P 20cm

商品内容

要旨

二〇一九年四月、ブラックホールの存在が初めて画像で直接証明された。いくら見つめても足りない。素晴らしく新しいが、なぜか懐かしい。プロジェクト実現のため、世界中の電波望遠鏡のネットワーク作りに奔走した研究者が語る、壮大なサイエンスノンフィクション。

目次

第1部 空間と時間のなかを進む旅(人類、地球、そして月
太陽系と進化する宇宙モデル)
第2部 宇宙の謎(アインシュタインが一番楽しんだアイデア
天の川銀河とその恒星たち ほか)
第3部 世界初のブラックホール撮影への道(銀河中心
画像の背後にある考え方 ほか)
第4部 限界を超えて(私たちの想像の力を超えて
アインシュタインを超える? ほか)

出版社・メーカーコメント

《100年の時をかけて、私たちはついにブラックホールを「見た」》2019年4月、ブラックホールの存在が初めて画像で直接証明された。「いくら見つめても足りない。素晴らしく新しいが、なぜか懐かしい」プロジェクト実現のため、世界中の電波望遠鏡のネットワーク作りに奔走した研究者が語る、壮大なサイエンスノンフィクション。--------------------------------------宇宙の巨大な怪物、ブラックホール。そこでは光が消え、時間が止まる。私たちは、知識の限界を覗き込もうとしているのだろうか――暗闇の中の光はささやく。いまだ謎に満ちあふれたこの世界の物語を。その中で、私たち一人ひとりはどのようにして在るのかを。私たちの限界が、私たちを探究者たらしめる。千年にわたる旅の末に得られた、一枚の画像についての物語。

著者紹介

ファルケ,ハイノー (ファルケ,ハイノー)   Falcke,Heino
1966年ドイツのケルンに生まれる。オランダのナイメーヘンのラドバウド大学教授を務める、多くの勲章を授与された宇宙物理学者。2011年、オランダの科学技術者に贈られる最高の賞であるスピノザ賞を受賞。2021年には、天文学者ヘンリー・ドレイパーの名を冠したヘンリー・ドレイパー賞を全米科学アカデミーより贈られる。いずれのもブラックホールの画像を捉えようという着想に対する賞である。その画期的な取り組みは、彼が指導的な役割を果たしたイベント・ホライズン・テレスコープという国際的なプロジェクトによって達成された
レーマー,イエルク (レーマー,イエルク)   R¨omer,J¨org
1974年生まれ。ドイツのハンブルクで、スペイン侵略以前の中米の文明であるメソアメリカ文明、先史学及び古代史、ラテンアメリカ研究を学ぶ。現在はドイツの『デア・シュピーゲル』誌の科学記事編集者
吉田 三知世 (ヨシダ ミチヨ)  
英日・日英の翻訳者。京都府生まれ。京都大学理学部卒業後、技術系企業での勤務を経て翻訳者となる。訳書のジョージ・ダイソン『チューリングの大聖堂』(早川書房)が第49回日本翻訳出版文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)