• 本

山桜花

講談社文庫 つ34−2 大岡裁き再吟味

出版社名 講談社
出版年月 2022年9月
ISBNコード 978-4-06-529304-1
4-06-529304-9
税込価格 792円
頁数・縦 346P 15cm

商品内容

要旨

町奉行から外れても、大岡越前は裁きが気にかかる。十七年前、寺の年若い下男が折檻されて殺され、山桜の下に埋められた。父親が下手人御免の願いを出し、皆、お咎めなしと決した。その事件にいま、ある疑惑が浮かぶ。大岡越前は、鷹匠の子・古風十一に探索を命じた。あの裁きは正しかったのかと。

出版社・メーカーコメント

大岡裁きは正しかったのか? 還暦を迎えた大岡越前が鷹の餌遣り番・古風十一と過去の裁きを再吟味する。注目のシリーズ第二巻!

著者紹介

辻堂 魁 (ツジドウ カイ)  
1948年高知県生まれ。早稲田大学第二文学部卒。出版社勤務を経て作家デビュー。「風の市兵衛」シリーズは累計200万部を超え、第5回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞、ドラマ化でも好評を博した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)