• 本

五木寛之セレクション 1

国際ミステリー集

出版社名 東京書籍
出版年月 2022年9月
ISBNコード 978-4-487-81448-0
4-487-81448-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 366P 20cm

商品内容

要旨

時代が今、五木寛之に追いついた!現代のロシア問題、日韓問題に迫る驚くべき陰謀の結末は?著者初のテーマ別作品集、刊行開始!

出版社・メーカーコメント

五木寛之、初のテーマ別作品集ついに刊行! 第1巻目は、【国際ミステリー集】として、直木賞受賞作『蒼ざめた馬を見よ』の他、現代のロシア問題、日韓問題に迫る驚愕のミステリーを収録。巻末には、佐藤優との特別対談を掲載。 【収録作品】 『蒼ざめた馬を見よ』(1966.12)ソ連の体制を痛烈に批判した小説をめぐる恐るべき陰謀。第56回直木賞受賞作。 『夜の斧』(1967.12)ソ連の捕虜として、かつて北満洲で収容されていた男にかかってきた不気味な暗号電話とは。 『深夜美術館』(1975.12)庭園を見ると過剰な興奮をする女を通して、日韓の文化財問題に鋭く切り込む。 【対談解説】(50頁) 五木寛之 vs. 佐藤優新シリーズの魅力、五木作品の現代性と永遠性について佐藤優と縦横無尽に語り合う。

著者紹介

五木 寛之 (イツキ ヒロユキ)  
1932年(昭和7年)9月福岡県生まれ。生後まもなく朝鮮半島に渡り幼少期を送る。戦後、北朝鮮平壌より引揚げ。52年早稲田大学ロシア文学科入学。57年中退後、PR誌編集者、作詞家、ルポライターなどを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で第6回小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞、76年『青春の門』(筑豊篇ほか)で第10回吉川英治文学賞を受賞。2002年、第50回菊池寛賞、09年にNHK放送文化賞、10年に『親鸞』で第64回毎日出版文化賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)