• 本

布石 長編時代小説 吉原裏同心 13

決定版

光文社文庫 さ18−91 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2022年10月
ISBNコード 978-4-334-79410-1
4-334-79410-6
税込価格 792円
頁数・縦 325P 16cm
シリーズ名 布石

商品内容

要旨

神守幹次郎・汀女夫婦は、札差の伊勢亀半右衛門から薄墨太夫との川遊びに誘われるが、それを機に新興札差・香取屋武七の魔手が忍び寄る。江戸の経済を牛耳る札差筆頭行司の座を巡り、半右衛門と暗闘を繰り広げる武七の背後には失脚した田沼意次一派の影があった。次々と襲いくる敵!蔵前と吉原、二つの町が今、大いなる陰謀に巻き込まれようとしていた―。

出版社・メーカーコメント

神守幹次郎・汀女夫婦は、札差の伊勢亀半右衛門から薄墨太夫との川遊びに誘われるが、それを機に新興札差・香取屋武七の魔手が忍び寄る。江戸の経済を牛耳る札差筆頭行司の座を巡り、半右衛門と暗闘を繰り広げる武七の背後には失脚した田沼意次一派の影があった。次々と襲いくる敵! 蔵前と吉原、二つの町が今、大いなる陰謀に巻き込まれようとしていた――。

著者紹介

佐伯 泰英 (サエキ ヤスヒデ)  
1942年北九州市生まれ。闘牛カメラマンとして海外で活躍後、主にノンフィクション作品を発表する。’99年初の時代小説「密命」シリーズを手始めに、次々と時代小説を発表。文庫書下ろし作品のみで累計6500万部突破の快挙を成し遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)