• 本

東大入試徹底解明ドラゴン現代文

シグマベスト

出版社名 文英堂
出版年月 2022年
ISBNコード 978-4-578-24168-3
4-578-24168-8
税込価格 1,760円
頁数・縦 227P 21cm

出版社・メーカーコメント

『ドラゴン桜』のメソッドで東大現代文を攻略する革命的参考書「リアルドラゴン桜プロジェクト」の東大合格請負人集団 と 教育出版社文英堂 が初のコラボ! 【本書の特徴】(1) 受験の土台となる読解力を「基礎」から積み上げる現代文は受験において全ての科目の前提になるものであり、社会に出て活躍するためにも必須な最重要科目。1章(理論編)では、桜木建二が『ドラゴン桜』原作を典拠として、入試現代文、そして全ての文章を“正しく”読むためのスキルをあますところなく伝授する。 (2) 文章を「構造」化して読み解くワザを現役東大生が再現2章(実戦編)では、東大に現役合格し、現在は「リアルドラゴン桜プロジェクト」を推進する講師でもある相生昌悟が東大現代文の過去問を解説。「全体構造整理(STEP 0)」→「範囲確定(STEP 1)」→「傍線部分解(STEP 2)」→「ミクロ分析(STEP 3)」→「マクロ分析(STEP 4)」の手順で、どんな東大現代文でも必ず高得点を得るワザをマスターする。 (3) 東大入試から厳選した8題を「図解」して完全解説2章(実戦編)の「全体構造図」では、問題文全体を4つの構造(同等構造・類比構造・対比構造・因果構造)で整理。「設問解説」では、設問ごとに「エッセンス」(解答に必要な構成要素)を示し、STEP 1〜4の手順で、全ての「エッセンス」が盛り込まれた解答へと導く。 【本書に収録されている東京大学入試問題】《評論》2013年度 第1問(湯浅博雄「ランボーの詩の翻訳について」)2015年度 第1問(池上哲司『傍らにあること――老いと介護の倫理学』)2016年度 第1問(内田樹「反知性主義者たちの肖像」)2017年度 第1問(伊藤徹『芸術家たちの精神史』)2018年度 第1問(野家啓一『歴史を哲学する――七日間の集中講義』)2019年度 第1問(中屋敷均「科学と非科学のはざまで」)2020年度 第1問(小坂井敏晶「『神の亡霊』6 近代の原罪」)《随筆》2019年度 第4問(是枝裕和「ヌガー」)