• 本

赤ずきん、ピノキオ拾って死体と出会う。

出版社名 双葉社
出版年月 2022年10月
ISBNコード 978-4-575-24573-8
4-575-24573-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 284P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 赤ずきん、ピノキオ拾って死体と出会う。

    見事な童話とミステリのコラボレーション。今度は赤ずきん、白雪姫、ピノキオ、3匹の子豚たちが素材となって、新しい料理に生まれ変わった。奇想天外な展開にグイグイと引き込まれてしまう。小さい頃に童話を読んだ大人の読み物として楽しみたい。これからも古今東西の童話が出番を待っている気がする。

    (2022年11月28日)

商品内容

要旨

七人の小人と暮らす白雪姫。鏡が映し出すものとは?ブレーメンに行きたいロバ・犬・猫。ハーメルンで遭遇した事件とは?子豚が建てた三つの家。その中で起きたこととは?みんなが知ってる童話の世界で今度は誰が殺された?赤ずきん、再び推理の旅に出る。

出版社・メーカーコメント

前作『赤ずきん、旅の途中で死体と出会う。』でミステリー界に衝撃のデビューを果たした赤ずきんに相棒ができました。その名はピノキオ! とある目的があって一緒に旅をするのですが、ゆく先々でまたもや事件が発生します。『白雪姫』『ハーメルンの笛吹き男』『三匹の子豚』……。世界のみんなが知っている童話をベースにした連作本格ミステリ第二弾。今作も、あの決め台詞が炸裂します。

著者紹介

青柳 碧人 (アオヤギ アイト)  
1980年千葉県生まれ。早稲田大学卒業。2009年『浜村渚の計算ノート』で第三回「講談社Birth」小説部門を受賞してデビュー。19年刊行の『むかしむかしあるところに、死体がありました。』は多くの年間ミステリーランキングに入り、本屋大賞にノミネートされた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)