• 本

それで、いい!

本はともだち♪ 26

出版社名 ポプラ社
出版年月 2022年11月
ISBNコード 978-4-591-16836-3
4-591-16836-0
税込価格 1,430円
頁数・縦 77P 22cm

商品内容

要旨

きつねはえをかくのがだいすきです。でも、もりのなかまは、「きつねのえ、だっせえ。」「もっときちんといろをぬらなくちゃ。」なんていいます。「みんながおどろくようなすごいえをかいてやる!すごいえをかくには、すごいものをみつけなくちゃ。」そうして、きつねはともだちのうさぎといっしょに「すごいもの」をみつけます!さて、それは…?

出版社・メーカーコメント

絵を描くのが大好きな、きつね。上手下手なんて考えもせず、夢中で絵を描いていました。あるとき、先生がきつねに展覧会に絵を出品するように勧めました。きつねは「みんながおどろくような、すごい絵を描く!」と意気込みます。だけど、なにを描いてもすごい絵なのかどうかわからず不安ばかりが募ります。あんなに絵を描くのが楽しかったのに、いまはちっとも楽しくないのです。とうとうきつねは絵を描けなくなって……。人に認められることは、自信を持つことにつながります。だけれど、認められることばかりに気を取られてしまうと、人の目を気にして、自分自身の気持ちや考えをどこかに置き忘れてしまうこともあるものです。きつねも、そうでした。ただただ、描きたいものを描きたいように描くことが大好きだったのに、みんなに「すごい絵」と、思わせたいという気持ちが強くなると、描いても描いても満足できず、描いても描いてもこれではいけないような気持になっていました。そして、だんだん、描くことが苦しくなってしまうのです。この物語は、子どもたちに、あなたはあなたのままでいい、と語りかけます。人の目を気にしないで、やりたいことと、やりたいようにしていいのだ、と。そのままのあなたが、すばらしいのだ、と。

著者紹介

礒 みゆき (イソ ミユキ)  
栃木県生まれ。東京女子大学短期大学部卒業。造形作家を経て、絵本・童話・紙芝居作家となる。紙芝居「ねんねねんね」で高橋五山賞審査員特別賞を受賞
はた こうしろう (ハタ コウシロウ)  
1963年、兵庫県生まれ。京都精華大学美術学部卒業。絵本作家、イラストレーターとして国内外で活躍するほか、ブックデザインも数多く手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)