• 本

私のことだま漂流記

出版社名 講談社
出版年月 2022年11月
ISBNコード 978-4-06-529591-5
4-06-529591-2
税込価格 1,815円
頁数・縦 308P 20cm

出版社・メーカーコメント

すがすがしく力強い声がする。この先、人間として小説家として迷ったとき、私はこの本の言葉に奮い立たされることになるだろう。ーー宇佐見りん 山田詠美は常に今を生きている。それも常に今に迎合せずに。だからこそ、誰よりも文学を愛した少女は、誰よりも文学に愛される作家となったのだ。ーー吉田修一 初めて「売文」を試みた文学少女時代、挫折を噛み締めた学生漫画家時代、高揚とどん底の新宿・六本木時代、作家デビュー前夜の横田基地時代、誹謗中傷に傷ついたデビュー後、直木賞受賞、敬愛する人々との出会い、結婚と離婚、そして…… 積み重なった記憶の結晶は、やがて言葉として紡がれる。「小説家という生き物」の魂の航海をたどる本格自伝小説。 私は、この自伝めいた話を書き進めながら、自分の「根」と「葉」にさまざまな影響を及ぼした言霊の正体を探っていこうと思う。ーー山田詠美