• 本

アジア人物史 7

近世の帝国の繁栄とヨーロッパ

出版社名 集英社
出版年月 2022年12月
ISBNコード 978-4-08-157107-9
4-08-157107-4
税込価格 4,400円
頁数・縦 769P 20cm
シリーズ名 アジア人物史

商品内容

目次

サファヴィー帝国の栄華―イラン高度を支配したシーア派国家
オスマン帝国の繁栄―東地中海世界におけるイスラームの盟主へ
衰退期か成熟期か―一七〜一八世紀オスマン帝国を巡る二つの視点
ムガル帝国の栄光―アクバルからアウラングゼーブへ
アジアのイエズス会士
天下人とその時代―「ヨーロッパ」の登場と「鎖国」体制の確立
朝鮮王朝の国家的危機克服―秀吉の侵略と後金(清)の侵入
朝鮮朱子学
海と草原の明清交替―鄭氏台湾と康煕帝
経世学の展開と考証学の隆盛―明末清初期から清代の学術と思想
生まれ変わる聖者たちの光と影―偽物の烙印を押された二人のダライ・ラマ
近世東南アジアにおける王国とムラユ世界の展開

出版社・メーカーコメント

カバーイラストは荒木飛呂彦描き下ろし! 評伝を積み重ねて描く、本邦初の本格的アジア通史全編書き下ろし。 「アジア」と名指される広大な領域を、東西南北、古代から21世紀へと、縦横無尽に駆けめぐる。現代のアジア史研究の第一人者である編集委員たちと、東洋史研究の伝統を継承した人々が、古代から21世紀までを展望し、圧倒的個性を掘り起こす! 「月報」エッセイ・田中優子 イスマーイール1世/スレイマン1世/エヴリヤ・チェレビー/アクバル/ザビエル/豊臣秀吉/李舜臣/光海君/李滉/李珥/鄭成功/康熙帝/黄宗羲/ダライ・ラマ6世/ニャウンヤン/他。

著者紹介

三浦 徹 (ミウラ トオル)  
1953年生まれ。お茶の水女子大学名誉教授。東京大学大学院人文科学研究科修了。専攻は、アラブ・イスラーム史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)