• 本

真実の日米開戦 隠蔽された近衛文麿の戦争責任

宝島SUGOI文庫 Aく−8−1

出版社名 宝島社
出版年月 2022年12月
ISBNコード 978-4-299-03771-8
4-299-03771-5
税込価格 880円
頁数・縦 279P 16cm

商品内容

要旨

1895年の日清戦争終了直後から第一次世界大戦終了まで、日本は世界の優等生であり、健全な国であった。その日本がなぜ、あの無謀な日米開戦へ突き進んでいったのか?コミンテルン陰謀論だけでは解き明かせないその理由とは?憲政史研究者の倉山満が、タブー視されてきた近衛文麿の戦争責任に踏み込み、日本の思想・政治状況の裏面史を大胆に掘り起こす。倉山満、渾身の一冊がついに文庫化。

目次

序章 怪物政治家・近衛文麿を現代に問う(かつて日本は賢い国だった
欧州大戦とウッドロー・ウィルソン ほか)
第1章 青年貴族・近衛文麿(アジア主義の源流
近衛の反米思想 ほか)
第2章 リベラルと平和主義者が日本を滅ぼした(革新右翼の台頭
腹切り問答、流産内閣、食い逃げ解散 ほか)
第3章 日本を地獄に落とした近衛内閣(一九三九年の国際状況
日独伊三国同盟と独ソ不可侵条約 ほか)
第4章 対米開戦を避けられなかった間抜けな理由(第三次近衛内閣と日米交渉
南部仏印進駐 ほか)

出版社・メーカーコメント

12月8日は真珠湾攻撃の日です。それに合わせて、倉山満氏の単行本『真実の日米開戦』(2017年12月刊)を文庫化します。戦前、健全な保守と対抗するように、リベラリストと平和主義者と好戦的な右翼がいました。それらに取り込まれた近衛文麿は、引きずられるように日本を戦争に引き込んでしまいました。蒋介石との和平交渉を拒否した近衛文麿、支那膺懲論で戦争を拡大した近衛文麿、なぜ、彼はそこで戦争を食い止めなかったのか、その真実を暴き出します。コミンテルン陰謀論ではない、近衛文麿の責任を問う画期的一冊です。

著者紹介

倉山 満 (クラヤマ ミツル)  
1973年、香川県生まれ。憲政史研究者。1996年、中央大学文学部史学科を卒業後、同大学大学院文学研究科国史学専攻博士前期課程修了(修士)。その後、大学講師やシンクタンク所長などを経て、著述業の他、インターネット上で大日本帝国憲法を学ぶ「倉山塾」、毎日YouTubeで配信している動画番組「チャンネルくらら」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)