• 本

重賞ゲッツ! 2023上半期

G1〜G3 66レース攻略編

革命競馬:あなたの予想と馬券を変える

出版社名 秀和システム
出版年月 2022年12月
ISBNコード 978-4-7980-6894-7
4-7980-6894-2
税込価格 1,980円
頁数・縦 207P 21cm
シリーズ名 重賞ゲッツ!

商品内容

要旨

「競馬予想TV!」回収率三冠王水上が“金杯〜宝塚記念”全精査。使えるデータをA・B2ランク選別。儲かる新ネタも続々発見!

目次

1月(1月5日・中山11R 中山金杯(G3ハンデ、芝2000m)
1月5日・中京11R 京都金杯(G3ハンデ、芝1600m) ほか)
2月(2月5日・東京11R 東京新聞杯(G3、芝1600m)
2月5日・中京11R きさらぎ賞(3歳G3、芝2000m) ほか)
3月(3月4日・中山11R オーシャンS(G3、芝1200m)
3月4日・阪神11R チューリップ賞(3歳牝馬G2、芝1600m) ほか)
4月(4月1日・中山11R ダービー卿CT(G3ハンデ、芝1600m)
4月2日・阪神11R 大阪杯(G1、芝2000m) ほか)
5月(5月6日・京都11R 京都新聞杯(3歳G2、芝2200m)
5月7日・東京11R NHKマイルC(3歳G1、芝1600m) ほか)
6月(6月3日・阪神11R 鳴尾記念(G3、芝2000m)
6月4日・東京11R 安田記念(G1、芝1600m) ほか)

出版社・メーカーコメント

「競馬予想TV!」レギュラー(21〜22年度=24シーズンのG1・ねらい目・シーズン回収率三冠王!)、「ラジオ日本中央競馬実況中継解説」でおなじみ水上学が、2023年上半期(1〜6月)のG1・G2・G3全66レースを、ローテ・血統・馬場・ハンデなど、さまざまな角度から分析、勝つ馬、儲かる馬を導き出す。2年目を迎える本シリーズは、1年目(22年)の結果をもとにブラッシュアップ。使えるデータをA・B2ランクに選別。さらに新発見のデータも続々発見!もちろん、この春に再開となる京都競馬場での重賞(天皇賞など)にも完全対応!プラスアルファで、JRA主要コースの種牡馬ランキングも公開。単なるデータ本にはない、「競馬予想TV!」回収率三冠王・水上学独自の視点で攻略ポイントを導き出す。(以下、主な内容・1〜4月まで)●中山金杯…ディープインパクト産駒は危険●京都金杯…“中京金杯”は4歳馬苦戦●シンザン記念…前走中距離戦組は軽視でいい●フェアリーS…キングマンボ系種牡馬●愛知杯…格上挑戦、昇級初戦馬の大駆け!●京成杯…鬼門の前走重賞とコース●日経新春杯…アタマはハンデ55キロ以下●AJCC…ステイゴールド一族、強し!●東海S…1枠は軽視せよ●根岸S…ヒモ穴に8歳馬●シルクロードS…中京ではミスプロは用ナシか●東京新聞杯…前走3勝クラス勝ち馬を狙え!●きさらぎ賞…前走実績に注目を●クイーンC…キンカメ系を重視●共同通信杯…4着以下が2回でアウト?●京都記念…ここもステイゴールド系で●ダイヤモンドS…ステイヤーズSとのリンク●京都牝馬S…千四よりマイル適性●フェブラリーS…リピーターが走るG1●小倉大賞典…高齢馬から入ってヨシ●中山記念…G1馬が飛ぶセオリー●阪急杯…死に枠が継続中●オーシャンS…G1馬でもヒモまで●チューリップ賞…意外!?関東馬が大健闘●弥生賞…ホープフルSとのリンク●中山牝馬S…なぜか不振のロードカナロア●フィリーズレビュー…着順不問で阪神JF組●金鯱賞…前走2400m以上のG1組●フラワーC…前走がこの重賞だったら全滅●ファルコンS…前走朝日杯組にアタマはナシ●スプリングS…即消しの材料、発見!●阪神大賞典…有馬記念組が走る●日経賞…ここも有馬記念組だ! 他

著者紹介

水上 学 (ミズカミ マナブ)  
1963年千葉県出身。東京大学文学部卒。ラジオ番組ディレクターを経て、競馬ライターに。フジテレビONE「競馬予想TV!」レギュラー出演(24期回収率/シーズン・G1・ねらい目三冠王)。ラジオ日本「土曜競馬実況中継」解説(午後担当)。月刊誌「競馬の天才!」で「水上学の上から目線」連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)