• 本

変革する文体 もう一つの明治文学史

出版社名 名古屋大学出版会
出版年月 2022年12月
ISBNコード 978-4-8158-1108-2
4-8158-1108-3
税込価格 6,930円
頁数・縦 340,8P 22cm

商品内容

要旨

小説中心主義を脱し、政論・史論から翻訳・哲学まで、徳富蘇峰を起点にして近代の「文」の歩みを辿りなおし、新興の洋文脈と在来の和文脈・漢文脈の交錯から、それまでにない人間・社会像や討議空間が形づくられる道程をつぶさに描いた意欲作。

目次

徳富蘇峰という始点
第1部 精神的開国(徳富蘇峰の出発
徳富蘇峰の思想と文体 ほか)
第2部 文学者の顔と政治家の顔(ポヱチカルな俗語
社会の罪を暴く ほか)
第3部 成長する不健全(深刻の季節
群生する人生観 ほか)
終章 文の明治史

出版社・メーカーコメント

新たな文体は新たな社会をつくる――。小説中心主義を脱し、政論・史論から宗教・哲学まで、徳富蘇峰を起点にして近代の「文」の歩みを辿りなおし、新興の洋文脈と在来の和文脈・漢文脈の交錯から、それまでにない人間・社会像や討議空間が形づくられる道程をつぶさに描いた意欲作。

著者紹介

木村 洋 (キムラ ヒロシ)  
1981年兵庫県に生まれる。2010年神戸大学大学院人文学研究科博士後期課程修了。熊本県立大学文学部准教授などを経て、上智大学文学部准教授、博士(文学)。主著、『文学熱の時代―慷慨から煩悶へ』(名古屋大学出版会、2015年、サントリー学芸賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)