• 本

ウクライナ侵攻はなぜ起きたのか 国際政治学の視点から

出版社名 早稲田大学出版部
出版年月 2023年2月
ISBNコード 978-4-657-23002-7
4-657-23002-6
税込価格 2,750円
頁数・縦 286P 21cm

商品内容

要旨

世界を変えたウクライナ侵攻。気鋭の国際政治学者たちが侵攻の誘因を考察するとともに、その事象の歴史的評価に果敢に挑む!

目次

特別寄稿 マリア・シャギーナ博士のインタビュー 日本のみなさんへ
第1章 ウクライナ侵攻と冷戦ver.2.0
第2章 ウクライナにおける選挙監視活動
第3章 なぜロシアはウクライナを侵攻したのか
第4章 EUの対ロシア・ベラルーシ制裁の動向と展望
第5章 ウクライナ侵攻後のドイツの安全保障・エネルギー政策の変容
第6章 ウクライナ侵攻と「水の武器化」
座談会 ウクライナ侵攻と国際政治(山本武彦・稲葉千晴・小泉悠・玉井雅隆・足立研幾・宮脇昇)

著者紹介

宮脇 昇 (ミヤワキ ノボル)  
立命館大学政策科学部教授
浦部 浩之 (ウラベ ヒロユキ)  
獨協大学国際教養学部教授
小泉 直美 (コイズミ ナオミ)  
元防衛大学校国際関係学科准教授
山上 亜紗美 (ヤマカミ アサミ)  
京都府立大学非常勤講師
中川 洋一 (ナカガワ ヨウイチ)  
立命館大学講師
玉井 良尚 (タマイ ヨシナオ)  
立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員
大中 真 (オオナカ マコト)  
桜美林大学リベラルアーツ学群教授
山本 武彦 (ヤマモト タケヒコ)  
早稲田大学名誉教授
稲葉 千晴 (イナバ チハル)  
名城大学都市情報学部教授
小泉 悠 (コイズミ ユウ)  
東京大学先端科学技術研究センター講師
玉井 雅隆 (タマイ マサタカ)  
束北公益文科大学国際教養コース教授
足立 研機 (アダチ ケンキ)  
立命館大学国際関係学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)