• 本

日本の自然をいただきます 山菜・海藻をさがす旅

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 4−9

出版社名 亜紀書房
出版年月 2023年3月
ISBNコード 978-4-7505-1782-7
4-7505-1782-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 314P 19cm

商品内容

要旨

北海道から九州まで古代薫る地へ赴き、調べ、食べた、“原日本”の風景と暮らしに迫る異文化食紀行。

目次

第1章 道端の雑草、森の驚異 春の新緑
第2章 生命の木 トチノミの盛衰
第3章 饗宴と飢饉 ワラビの二面性
第4章 世界でいちばん背の高い草 天然物でもあり栽培物でもあるタケノコの物語
第5章 海の四季 海藻の消えゆく伝統
最終章 天然食物と共に生きてきたアイヌ

出版社・メーカーコメント

〈北海道から九州まで〉古代薫る地を往き、食べた、”原日本”の風景と暮らしに迫る異文化食紀行−− 蕨、蕗、屈、薇、蕗の薹、栃の実、孟宗竹、行者大蒜、山葵、若布、天草、海蘊、茗荷、杉菜、銀杏、二輪草、大姥百合……農耕以前よりこの国で食べられてきた野草や海藻。「栽培作物」にはない、その滋味あふれる味わいと土地ごとの記憶をたどる旅が、今はじまる。──〈和歌の世界に誘われながら、時空を超えた食の旅へ〉

著者紹介

バード,ウィニフレッド (バード,ウィニフレッド)   Bird,Winifred
新聞記者、翻訳者、ライター。米国マサチューセッツ州・アマースト大学で政治学を学ぶ。2005年に来日し、英語教師、ジャーナリストとして活動。長野県松本市、三重県御浜町など地方都市で暮らしながら全国各地へ足を運び、広く日本の野草や海藻文化に触れる。環境問題、科学、建築などに関する記事をThe Japan Times、Kyoto Journal、San Francisco Public Press、Pacific Standard、NPRなどに寄稿。精力的に執筆、翻訳活動を続けている
上杉 隼人 (ウエスギ ハヤト)  
翻訳者(英日、日英)、編集者、英文ライター・インタビュアー、英語・翻訳講師。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業、同専攻科(現大学院の前身)修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)