• 本

陰陽師 水龍ノ巻

文春文庫 ゆ2−39

出版社名 文藝春秋
出版年月 2023年6月
ISBNコード 978-4-16-792050-0
4-16-792050-6
税込価格 803円
頁数・縦 325P 16cm
シリーズ名 陰陽師

商品内容

要旨

不思議な童子の群が都にあらわれ、青疱瘡が広がる「野僮游光」、赤舞瘡から逃れようとする非情な左大臣を描く番外編「秘帖・陰陽師 赤死病の仮面」、蝉丸の悲恋が明かされる中編「蘇莫者」など全八話。物語の神に選ばれた作家は言う、「物語りは永遠に終らない」。尽きぬ着想、広がる想像、大人気シリーズ第17巻。

著者紹介

夢枕 獏 (ユメマクラ バク)  
昭和26(1951)年、神奈川県小田原市生れ。48年、東海大学日本文学科卒業。52年、「奇想天外」誌に「カエルの死」を書いてデビュー。『上弦の月を喰べる獅子』で、平成元年に第10回日本SF大賞を受賞。『神々の山嶺』で、10年に第11回柴田錬三郎賞を受賞。『大江戸釣客伝』で、23年に第39回泉鏡花文学賞、第5回舟橋聖一文学賞、翌年に第46回吉川英治文学賞を受賞。29年に第65回菊池寛賞を受賞。30年に紫綬褒章を受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)