• 本

キリスト教講義

文春学藝ライブラリー 思想 29

出版社名 文藝春秋
出版年月 2023年6月
ISBNコード 978-4-16-813106-6
4-16-813106-8
税込価格 1,485円
頁数・縦 301P 16cm

商品内容

要旨

遠藤周作の親友だった井上洋治神父のもとで出会い、友情を育んできた文学者と哲学者。自己愛と隣人愛、神秘と恩寵、天使と霊性、悪と聖。トマス・アクィナスから須賀敦子まで、古今東西の著作に拠って続く対話から立ち現れてくるのは「愛の言葉」の力と、キリスト教のダイナミズムである。現代日本を代表するキリスト者二人がキリスト教二千年の叡智を紐解き、今の我々の諸問題を照射する一冊。

目次

序章 キリスト教とは何か
第1章 愛
第2章 神秘
第3章 言葉
第4章 歴史
第5章 悪
第6章 聖性

著者紹介

若松 英輔 (ワカマツ エイスケ)  
1968(昭和43)年、新潟県生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。「越知保夫とその時代 求道の文学」で三田文学新人賞評論部門当選、『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』で西脇順三郎学術賞、『詩集 見えない涙』で詩歌文学館賞、『小林秀雄 美しい花』で角川財団学芸賞と蓮如賞を受賞。「読むと書く」主宰
山本 芳久 (ヤマモト ヨシヒサ)  
1973(昭和48)年、神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。専門は哲学・倫理学(西洋中世哲学・イスラーム哲学)、キリスト教学。2018年『トマス・アクィナス 理性と神秘』でサントリー学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)