• 本

作戦指揮とAI

わかりやすい防衛テクノロジー

出版社名 イカロス出版
出版年月 2023年6月
ISBNコード 978-4-8022-1304-2
4-8022-1304-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 151P 21cm

商品内容

要旨

ITと軍事に強いテクニカルライター・井上孝司が現代の軍事作戦に不可欠な“指揮管制”のしくみとこれから本格化する“AIの活用”を解き明かす。

目次

第1部 はじまりは防空システム(C4ISRという言葉
現代の空の警戒監視
第二次世界大戦イギリスの防空システム
防空システムのコンピュータ化
海の上では艦隊防空
地上軍を護る野戦防空)
第2部 指揮所と指揮のシステム化(航空戦の指揮所に関する昔話
空飛ぶ指揮所と地上の指揮所
海軍における旗艦
旗艦に求められる機能
軍鑑の戦闘指揮所
陸戦の指揮と指揮車
陸戦でも、紙の地図からコンピュータへ)
第3部 指揮システムとソフトウェア(指揮管制装置のお仕事
状況図を生成し、共有する
艦載型防空システムのお仕事
個鑑防空と僚艦防空
艦隊防空における脅威評価の考え方
弾道ミサイル防衛で必要となる機能
事前にプログラムするだけで用が足りるのか)
第4部 AIの活用(そもそもAIとは
AIでドッグファイトはできるのか
アルファドッグファイト・トライアルの裏側
AIにどんな使い道があるか
電子戰とAI活用
いわゆる忠実な僚機とAI
指揮管制・意思決定支援AI活用
AIにどこまで任せられるのか)
第5部 変わりゆく作戦概念(領域横断作戦と指揮統制
オペレーションの分散化とJADC2
JADC2という発想が出てきた背景
JADC2を実現する要素いろいろ)