• 本

西欧古地図に見る鹿児島 CANGOXUMA「島」への旅

出版社名 南方新社
出版年月 2023年8月
ISBNコード 978-4-86124-484-1
4-86124-484-6
税込価格 4,180円
頁数・縦 319P 21cm

商品内容

要旨

大航海時代、伝説のジパング、そして鹿児島。16世紀、絶頂期を迎える大航海時代。ポルトガル、スペインなどの西欧諸国は、富を求め、未知の世界に挑んだ。伝説の島ジパング、特に鹿児島は、この時代、地図上にどう描かれていたのか。数々の古地図を巡る旅が始まった。

目次

第1部 Cangoxuma島への旅(16世紀後半の西欧古地図に見られる地名としての鹿児島(その1)
16世紀後半のヨーロッパ文献に見られる鹿児島の西洋表記
16世紀後半の西欧古地図に見られる地名としての鹿児島(その2)
Cangoxume島の発見
Cangoxume島の加筆者
ショイヒツァーとモンタヌス…加筆の謎
終わりに)
第2部 いわゆるCangoxina(カンゴシナ)をめぐって(カンゴシナ(Congoxina)記載のメルカトル地図とその系譜
オルテリウス日本図との比較
Cangoxina説の問題点)
第3部 メルカトル世界図(1569年)に見られる日本地名についての考察(Lequio minorなど
Mazacarなど
ヒュースの地名表
本初子午線
ヒュース地名表における本初子午線
アゾレス子午線と日本地名の経度
Insulae de Miacoなどの地名
付説1 カタリナ諸島について
付説2 サバナ(Sabana)をめぐって)
第4部 ミナト考(リンスホーテン『ポルトガル人航海記』におけるミナトの記述から
岡本論文におけるミナトの同定
崎田浦=港浦?岡本論文の同定の曖昧さ
西洋古地図でなぜMinatoなのか
ミナト考拾遺
付説1 膠舟について
付録1 ミナト訪問記)

著者紹介

寺邑 昭信 (テラムラ アキノブ)  
1946年生まれ。東京大学文学部哲学専修課程卒業、同大学院人文科学研究科哲学専門課程博士課程単位取得退学。もと鹿児島大学教員(教養部、法文学部)。鹿児島大学名誉教授。近現代西洋哲学、特に前期ハイデガー存在論を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)