• 本

〈悪の凡庸さ〉を問い直す

出版社名 大月書店
出版年月 2023年9月
ISBNコード 978-4-272-43109-0
4-272-43109-9
税込価格 2,640円
頁数・縦 205P 20cm

商品内容

要旨

アイヒマンは組織の“歯車”ではない!アーレント研究者とドイツ史研究者が、“悪の凡庸さ”概念をめぐり真摯に語り合う。

目次

序 いま“悪の凡庸さ”の何が問題なのか
第1部 “悪の凡庸さ”をどう見るか(“悪の凡庸さ”は無効になったのか―エルサレム“以前”のアイヒマンを検証する
“机上の犯罪者”という神話―ホロコースト研究におけるアイヒマンの位置づけをめぐって
怪物と幽霊の落差―あるいはバクテリアが引き起こす悪について
“悪の凡庸さ”をめぐる誤解を解く)
第2部 “悪の凡庸さ”という難問に向き合う―思想研究者と歴史研究者の対話(“悪の凡庸さ”/アーレントの理解をめぐって
アイヒマンの主体性をどう見るか
社会に蔓延する“悪の凡庸さ”の誤用とどう向き合うか)

著者紹介

田野 大輔 (タノ ダイスケ)  
1970年生まれ。甲南大学文学部教授
小野寺 拓也 (オノデラ タクヤ)  
1975年生まれ。東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授
香月 恵里 (カツキ エリ)  
1961年生まれ。岡山商科大学経営学部教授
百木 漠 (モモキ バク)  
1982年生まれ。関西大学法学部准教授
三浦 隆宏 (ミウラ タカヒロ)  
1975年生まれ。椙山女学園大学人間関係学部准教授
矢野 久美子 (ヤノ クミコ)  
1964年生まれフェリス女学院大学国際交流学部教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)