• 本

中世水軍領主論 紀州熊野からのアプローチ

出版社名 高志書院
出版年月 2023年9月
ISBNコード 978-4-86215-239-8
4-86215-239-2
税込価格 5,500円
頁数・縦 249P 22cm

商品内容

目次

序論 水軍領主論の軌跡、熊野水軍研究の焦点
第1部 熊野水軍と地域社会(別当湛増と熊野水軍―その政治史的考察
平忠度とその生誕地伝説
海辺の水軍領主、山間の水軍領主―紀州安宅氏・小山氏の成立とその基盤
戦国・織豊期の安宅氏・小山氏
熊野山中の領主
水軍領主、二つの相貌―鵜殿長政家と長高家)
第2部 熊野から陸奥へ、紀伊半島と瀬戸内(名取熊野社の中世―「熊野堂」から「三山」へ
熊野信仰を担った人々―先達から本願へ
本願が所持した「熊野権現縁起絵巻」
村上水軍と海の雑賀衆―新出の「村上武吉過所旗」をめぐって)

著者紹介

高橋 修 (タカハシ オサム)  
1964年生れ、茨城大学人文社会科学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)