• 本

アボカドの種

出版社名 角川文化振興財団
出版年月 2023年10月
ISBNコード 978-4-04-884563-2
4-04-884563-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 151P 20cm

商品内容

目次

1(銀杏は降らず
笑う干し柿
アボカドの種
上澄みの恋
島へ ほか)
2(笑いたい夏
東京オリンピック2020
真夏のマスク
朝の楽器
ホスト万葉集 ほか)

出版社・メーカーコメント

一首一首、自分の目で世界を見るところから、歌を生む。言葉から言葉をつむぐだけなら、たとえばAIにだってできるだろう。心から言葉をつむぐとき、歌は命を持つのだと感じる。 迢空賞受賞後初、待望の第7歌集。

著者紹介

俵 万智 (タワラ マチ)  
1962年、大阪府生まれ。85年、早稲田大学第一文学部卒業。86年、「八月の朝」50首で第32回角川短歌賞を受賞。87年、第1歌集『サラダ記念日』を刊行、翌年同歌集で第32回現代歌人協会賞を受賞。96年より読売歌壇選者を務める。歌集に『かぜのてのひら』『チョコレート革命』『プーさんの鼻』(第11回若山牧水賞)『オレがマリオ』『未来のサイズ』(第55回迢空賞、第36回詩歌文学館賞)など。評論に『愛する源氏物語』(第14回紫式部文学賞)『牧水の恋』(第29回宮日出版文化賞)『あなたと読む恋の歌百首』など。現代短歌の魅力を伝え、すそ野を広げた創作活動により2021年度朝日賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)