• 本

正しさってなんだろう 14歳からの正義と格差の授業

出版社名 Gakken
出版年月 2023年12月
ISBNコード 978-4-05-406903-9
4-05-406903-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 239P 21cm

商品内容

要旨

14歳のギモンから、世の中の「真実」が見えてくる。ずるい大人には、なりたくない。社会の矛盾やウソ―生きづらさを感じるキミと、答えを探し続ける大人へ。正義が多様化する時代に。「私」の答えを探す旅に出よう。

目次

1日目 親って正しいの?(「あなたのため」っていろいろおしつけてくるけれど、それって親の自己満足じゃないの?―勉強しなければいけない理由
子どもには「ウソついちゃダメ」って言うのに、自分たちは平気でウソをつくのはなぜ?―約束を守るということ
いつも「お姉ちゃんなんだから、がまんしなさい」と言われる。下の子ばかりかわいがって、ずるくない?―ジェンダー平等 ほか)
2日目 学校や先生って正しいの?(意味不明な校則が多すぎる。個性が大事とか言ってるのに、なんでも型にはめようとするのはおかしくない?―昭和な教育から、令和の教育へ
スクールカーストってなんなの!?同い年なのに、なんで下に見られなきゃいけないの?―ヒエラルキー
いじめがあっても見て見ぬフリをする大人は許せない!―同調圧力 ほか)
3日目 同い年なのになぜちがうの?(勉強が好きなのもスポーツが得意なのも人それぞれ。なのにどうしてねたんだり、足を引っ張ったりするの?―差異と格差のちがい
イケメンでスポーツ万能で頭もよくてだれからも好かれる。神様、これって不公平では?―多様性
「みんな仲良くしろ」って言われるけど、ウソっぽくない?クラス全員と“親友”になんか、なれっこないのに。―集団の和vs個性 ほか)

出版社・メーカーコメント

「なんで世の中は平等じゃないの?」「なんで戦争が起こるの?」「生まれつき頭がいいのはずるい!」など、ふと抱くギモンはさまざまにあるもの。誰もが一度は感じる素朴なギモンをベースに、「正しさ」について、「知の巨人」佐藤優先生と考えていきます。

著者紹介

佐藤 優 (サトウ マサル)  
作家、元外務省主任分析官。1960年、東京都生まれ。85年、同志社大学大学院神学研究科修了。外務省に入省し、在ロシア連邦日本国大使館に勤務。その後、本省国際情報局分析第一課で、主任分析官として対ロシア外交の最前線で活躍。現在は執筆や講演、寄稿などを通じた言論活動を展開。とくに若い世代や学生に向け、学ぶこと、考えることの大切さを伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)