• 本

70歳の壁を越える食べる力 口の中をきれいに丈夫に整えて、病気と老化に負けない体をつくる

出版社名 エクスナレッジ
出版年月 2023年11月
ISBNコード 978-4-7678-3199-2
4-7678-3199-7
税込価格 1,430円
頁数・縦 191P 19cm

商品内容

要旨

口の中が元気だと病気にならない。加齢とマスク生活で増えた「口の老化」の進行を食い止め、70代からの生活の質を劇的に高める「食べる力」が身につく方法を、人気の内科医と歯科医がやさしく教える。

目次

第1章 老化は口の中から始まる(マスクを外して鏡を見たら老け顔に!
人としゃべらない生活がノーマルに ほか)
第2章 健康寿命を縮めるオーラルフレイル(フレイルとは何か?
3つのフレイルが関係しあって、老化を進めてしまう ほか)
第3章 オーラルフレイルから糖尿病や認知症に(歯周病が全身疾患を引き起こす
血管から入った歯周病菌と炎症物質 ほか)
第4章 食べる力がよみがえるオーラルケア(歯周病リスクのチェックリスト
オーラルフレイルのチェック ほか)
第5章 食べる力を高める生活習慣(「食べる力」とは何か?
食事に時間をかけるのはムダという考え方 ほか)

出版社・メーカーコメント

健康寿命は「食べる力」で決まる!内科専門医と歯科医師が教える 歯ブラシ1本で万病を防ぐ方法。何歳になっても心も身体も元気のまま!好きなものを食べて長生きできる習慣を伝授!●唾液が減る、噛む力が弱くなる…老化は口の中から始まり全身に広がる●フレイルの予防には、運動、栄養、人とのつながりが重要●感染予防をしつつ、老化しないためにコロナ前の生活習慣を取り戻す●食事前に食べるカカオ70%以上のチョコレートが血糖値の急上昇と食べ過ぎを防ぐ●脳卒中や心筋梗塞、認知症…歯周病が全身疾患を引き起こす●運動が苦手な人でも大丈夫! 自宅で出来るスロースクワット&ドローインの2つだけで筋力低下を防げる

著者紹介

栗原 毅 (クリハラ タケシ)  
1951年新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。東京女子医科大学で消化器内科学、特に肝臓病学を専攻し、同教授を歴任、2007年より慶應義塾大学教授。2008年に消化器病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防と治療を目的とした「栗原クリニック東京日本橋」を開院
栗原 丈徳 (クリハラ タケノリ)  
1982年、東京都生まれ。鶴見大学歯学部卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科中退。栗原ヘルスケア研究所所長・歯科医師。「予防歯科」「食と健康」をテーマに活動をしている。とくに「口の健康と全身疾患との関連性」に興味を示す。大学や介護施設などで講演も行っている。日本抗加齢医学会、日本咀嚼学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)