• 本

平安貴族の和歌に込めた思い 菅原道真・藤原道長・紫式部・清少納言・白河天皇・源頼政・慈円・土御門通親

出版社名 自照社
出版年月 2023年12月
ISBNコード 978-4-910494-27-2
4-910494-27-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 171P 19cm

商品内容

目次

1 菅原道真―政界に進出して失敗した大学者
2 藤原道長―「満月の和歌」の真の政治的意図
3 紫式部―『源氏物語』の作者の思い
4 清少納言―『枕草子』と苦しかった経済生活
5 白河天皇―院政を始め、貴族との融和に尽力
6 源頼政―優れた武将、と今まで錯覚されてきた
7 慈円―和歌を詠むのは私の癖と了解を求める
8 土御門通親―源博陸(関白)と称された大政治家

著者紹介

今井 雅晴 (イマイ マサハル)  
1942年、東京生まれ。東京教育大学大学院博士課程修了。茨城大学教授、筑波大学大学院教授、コロンビア大学・大連大学・カイロ大学・タシケント国立東洋学大学等の客員教授を経て、筑波大学名誉教授、東国真宗研究所所長。専門は日本中世史、仏教史。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)