• 本

『砂の器』と木次線

出版社名 ハーベスト出版
出版年月 2023年12月
ISBNコード 978-4-86456-496-0
4-86456-496-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 306P 19cm

商品内容

要旨

あの伝説の名シーンはいかにして生まれたのか?膨大な資料と証言から浮かび上がる、1974(昭和49)年の島根・木次線沿線ロケの実相。風土・人・時代と作品との関わりから、ローカル鉄道と地域の記憶をつなぐ。

目次

第1章 「亀嵩」はどう描かれたのか(映像の中の「亀嵩」
今西刑事編
本浦父子編)
第2章 一九七〇年代の木次線と地域(なぜ駅にそば店ができたのか
木次線激動の歩み
「持ち直し」の時代
合理化で変わった駅の姿)
第3章 なぜ「亀嵩」が舞台になったのか(松本清張と「亀嵩」
リアルな出雲弁の秘密
映画化までの紆余曲折)
第4章 地域の記憶をつなぐ(町にロケがやってきた
役場とエキストラ
意外なつながり
ヤマ場となった下久野ロケ
記憶を伝える宿
見えてきたもの
その後)

著者紹介

村田 英治 (ムラタ エイジ)  
1965年、島根県仁多郡横田町(現・奥出雲町)に生まれる。小学生の時、地元の木次線・八川駅で『砂の器』ロケに遭遇。1988年、NHK入局。ディレクター、プロデューサーとして番組制作に携わる。2022年に退職、執筆活動に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)