• 本

ケアする建築 「共在の場」の思想と実践

出版社名 鹿島出版会
出版年月 2024年1月
ISBNコード 978-4-306-04711-2
4-306-04711-3
税込価格 2,530円
頁数・縦 257P 21cm

商品内容

要旨

ケアと建築から社会を見る。私たちは誰もが空間を介して必要なケアを受け取る存在。ケアする建築は、ケアされる経験を通して、ケアする者になることを支援する空間である。ケアから建築を考える一冊。

目次

1章 ほどほどにほどく、ほどけてからまる「施設」
2章 つくるから使うへ、そして「使う」がつくる“利用縁”
3章 居場所をめぐる冒険
4章 “公・共・私”が解けるとき、あるいはその境界を越えていくとき
5章 個にして共、共にして個
6章 「弱さ」と「ケア」からはじまる
7章 文化と物語による世界の認知、そして社会の「適正な大きさ」
8章 “利用縁”をつくるために
9章 「ケアする建築」の展望、可能性と課題

著者紹介

山田 あすか (ヤマダ アスカ)  
東京電機大学未来科学部建築学科教授、博士(工学)、一級建築士。東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻博士課程修了。日本学術振興会特別研究員(DC1、PD)、立命館大学理工学部建築都市デザイン学科講師、を経て現職。主な賞に、日本建築学会奨励賞、2009、『医療・福祉施設における利用者本位の建築計画に関する一連の研究―環境行動、施設計画、制度と都市環境のスケールを縦断して』にて日本建築学会学会賞(論文)、2018、関東工学教育協会業績賞、2018など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)