• 本

科学がつきとめた疑似科学 「科学リテラシー」で賢く生き延びる

出版社名 エクスナレッジ
出版年月 2024年2月
ISBNコード 978-4-7678-3245-6
4-7678-3245-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 187P 21cm

商品内容

要旨

「科学的」とは何かが図解でわかる!水素水もマイナスイオンもデトックスもGABAも信じていいの…?「理論」「データ」「理論とデータ」「社会」の4つの観点で疑似科学を見抜け!何も信じられないこの時代を、科学的知見と共にサバイブするための必読書。

目次

第1章 科学とは何か?
第2章 疑似科学の「理論」の見抜き方
第3章 疑似科学の「データ」の見抜き方
第4章 「理論とデータの関係性」と疑似科学
第5章 現代「社会」と疑似科学
第6章 疑似科学を見極める人間の視点

出版社・メーカーコメント

なんとなく信じていた常識や宣伝文句など気になるアレコレも、本書を読めば本質が見抜ける!「マイナスイオン」や「水素水」など、日常的に耳にする機会は多いけれど信憑性ってどうなの?という事象を科学的な知見から評価する明治大学科学コミュニケーション研究所。こちらの総括研究員である石川幹人氏が、多種多様な“疑似科学”を「理論の観点」「実証データ」 「データと理論の整合性」「社会的観点」などから評価し、正しく理解する方法を図解していきます。

著者紹介

山本 輝太郎 (ヤマモト キタロウ)  
金沢星稜大学総合情報センター講師。明治大学科学リテラシー研究所客員研究員。1988年岐阜県生まれ。明治大学情報コミュニケーション研究科博士後期課程修了。博士(情報コミュニケーション学)。専門は科学リテラシーで、メタ分析やクラウドソーシングなどの実証研究に強みをもつ。日本科学教育学会奨励賞、乳の学術連合最優秀賞をはじめ、科学リテラシーに関する研究業績において多数の受賞歴がある。疑似科学に関するプラットフォームサイトGijika.comの責任者でもある。2022年4月より現職
石川 幹人 (イシカワ マサト)  
明治大学情報コミュニケーション学部教授。1959年東京都生まれ。東京工業大学理学部応用物理学科(生物物理学)卒。同大学院物理情報工学専攻、企業の研究所や政府系シンクタンクをへて、1997年に明治大学に赴任。人工知能技術を遺伝子情報処理に応用する研究で博士(工学)を取得。専門は認知科学で、生物学と脳科学と心理学の学際領域研究を長年手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)