• 本

大谷翔平を追いかけて 番記者10年魂のノート

出版社名 ワニブックス
出版年月 2024年4月
ISBNコード 978-4-8470-7392-2
4-8470-7392-4
税込価格 2,200円
頁数・縦 479P 図版16P 19cm

商品内容

要旨

“時代の寵児”に密着4005日!!素顔の大谷翔平に迫る!『ひるおび』(TBS系)で話題の“バンキシャ”が480ページ書き下ろし!現地で激撮!ドジャーブルーショットもたっぷり収録!!

目次

第1章 2013‐2015 大谷翔平との出会い、二刀流覚醒、試練
第2章 2016‐2017 パ・リーグ優勝、日本一、念願のメジャーの舞台へ
第3章 2018 鮮烈メジャーデビュー、洗礼、新人王、トミージョン手術
第4章 2019‐2020 メジャーの壁、新型コロナウイルス感染拡大による短縮シーズン
第5章 2021‐2022 二刀流覚醒、初のMVP
第6章 2023 WBC優勝、初の本塁打王、2度目のMVP
第7章 2024 歴史に残るFA争奪戦、入団会見

出版社・メーカーコメント

日本ハム時代から大谷翔平を10年以上追い続け、現在は『ひるおび』『ゴゴスマ』(TBS系)など多数メディアに出演するスポーツニッポン新聞社MLB担当柳原直之記者による入魂のノンフィクション。困惑の表情をさせてしまった初インタビュー、タクシーに同乗し交わした言葉、初めて本気で怒らせたあの日、パ・リーグ優勝、エンゼルス入団、テレビに映らないクラブハウスでの素顔、8度にわたる単独インタビュー、二刀流覚醒、WBC優勝、ドジャース移籍−−20回に及ぶアメリカ長期取材時のメモを掘り起こし、時代の寵児に密着した約10年を綴る“バンキシャ日記”。■著者柳原直之1985年9月11日生まれ、兵庫県西宮市出身。 関西学院高等部を経て関西学院大学では準硬式野球部所属。 2008年に三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)入行後、転職し、2012年にスポーツニッポン新聞社入社。遊軍、日本ハム担当を経て2018年からMLB担当。『ひるおび』『ゴゴスマ』(TBS系)などに随時出演中。X(旧Twitter)=@sponichi_yanagi

著者紹介

柳原 直之 (ヤナギハラ ナオユキ)  
スポーツニッポン新聞社MLB担当記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)