• 本

鬼役 文庫書下ろし/長編時代小説 34

帰郷

光文社文庫 さ26−55 光文社時代小説文庫

出版社名 光文社
出版年月 2024年5月
ISBNコード 978-4-334-10306-4
4-334-10306-5
税込価格 770円
頁数・縦 326P 16cm
シリーズ名 鬼役

商品内容

要旨

将軍家毒味役を務める矢背家の一粒種で、上方にいた鐵太郎が江戸に戻ってきた。だが、久しぶりの帰郷には「理由」があった。同じ頃、「死の病」が江戸を恐怖に陥れる。患者が続出する中、鐵太郎は蔓延する病に立ち向かい、父・蔵人介は背後に隠れる黒幕を追う。命を懸けた父子の闘いの結末とは。感動のラストが待つ!超人気シリーズ、一気読み必至の第三十四弾。

出版社・メーカーコメント

将軍家の毒味役を務める矢背家の一粒種である鐡太郎が、上方から戻ってきた。しかし、その久しぶりの帰郷には理由があった。そして、時を同じくして「死の病」が江戸を恐怖に陥れる。家督を継いだ鬼役の卯三郎も病に倒れ、蔵人介は、蔓延する病の背後に黒幕の存在を見出し、日ノ本を混乱に突き落とさんとする陰謀の阻止に動くのだが。超人気シリーズ、待望の第三十四弾。

著者紹介

坂岡 真 (サカオカ シン)  
1961年、新潟県生まれ。11年の会社勤めを経て文筆の世界へ。花鳥風月を醸し出す筆致の時代小説を描く。2022年、「鬼役」「鬼役伝」シリーズが第11回日本歴史時代作家協会賞文庫書き下ろしシリーズ賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)