• 雑誌
  • 月刊誌

群像 2020年11月号

出版社名 講談社
発売日 2020年10月7日
雑誌JAN 4910032011102
雑誌コード 03201-11
税込価格 1,300円

商品内容

雑誌銘柄情報

わが国の純文学界をリードする代表的文芸誌

特集情報

古川日出男「福島を歩く」ルポルタージュ 短編特集「密室」津村記久子・藤野可織 他|

出版社情報

【ルポ一挙掲載】
◆4号線と6号線と  古川日出男


【創作特集】
●密室

 ◇つくつく法師  上田岳弘
 ◇特異点  谷崎由依
 ◇メダカと猫と密室  津村記久子
 ◇あなたのことを話して  長島有里枝
 ◇無垢と無情  東山彰良
 ◇積み重なる密室  藤野可織


【創作】
◆ここはとても速い川  井戸川射子


【『大江健三郎全小説全解説』刊行記念特別対談】
◆女たちの大江健三郎  工藤庸子×尾崎真理子


【戯曲】
◆君の庭  松原俊太郎 


【chat】
◆ウルフ・チャット#1 小澤みゆき×関口竜平


【ノンフィクション】
◆2011−2021 視えない線の上で〔5〕 石戸諭


【追悼 D・グレーバー】
◆「神秘的な、楽しい未来」に向けて
  ――デイヴィッド・グレーバーを読み続けるために  片岡大右


【論点】
◆隣人とわたし
  ――『パチンコ』とジュリー・オオツカ、移民たちの物語  中村和恵
◆ドメスティック・バイオレンス  信田さよ子
◆儀礼空間としての都市
  ――近代天皇制の「記憶」をめぐって――  長谷川香 
◆もし自粛警察の匿名ボランティアが
  カミュの『ペスト』を読んだら  森川輝一
◆「優生思想」と向き合うことは、
  自身の中の「加害性」に気づくこと  安田菜津紀


…ほか