• 雑誌
  • 月刊誌

群像 2020年12月号

出版社名 講談社
発売日 2020年11月7日
雑誌JAN 4910032011201
雑誌コード 03201-12
税込価格 1,500円

商品内容

雑誌銘柄情報

わが国の純文学界をリードする代表的文芸誌

特集情報

小川公代「ケアの倫理」V・ウルフ 三島トリビュート古川日出男 黒澤清、プレイディみかこ論|

出版社情報

【創作】
◆旅する練習  乗代雄介
◆戒厳  四方田犬彦(☆新連載)
◆ほんのこどものほん  町屋良平

〈三島由紀夫トリビュート〉
◆金閣  古川日出男

〈批評〉
◆ケアの倫理とエンパワメント
 ――ヴァージニア・ウルフと「男らしさ」  小川公代(☆新連載)
◆スパイの妻と、その夫  佐々木敦
◆この道の未来はイギリスに聞け  松尾匡
◆大江健三郎と「晩年の仕事」〔4〕  工藤庸子
◆非人間〔5〕  大澤信亮
◆新しい「日本文学」を編む海外編集者たち 文芸ピープル++
  辛島デイヴィッド

〈第64回群像新人評論賞発表〉
◆優秀作
  事後と渦中 ――武田泰淳論  内山葉杜

〈論点〉
◆時代の転換点にフーコーを読む 重田園江
◆「あり得ない世界」にいる私たち
  ――アトウッド『侍女の世界』『誓願』における
   アクチュアリティ  鴻巣友季子
◆コピー・アンド・ペースト
  ――ヴァージニア・ウルフとともに、仕事をする  中井亜佐子
◆監視社会と無思想を是とする、日本  疋田万理

〈article〉
◆フェミニスト出版社を立ち上げて、営むということ  丸尾宗一郎

〈最終回〉
◆連続対談 近代日本150年を読み解く 現代篇  富岡幸一郎×佐藤優


…ほか