• 雑誌
  • 不定期誌

WIRED VOL.36 2020年4月号

GQ JAPAN増刊

出版社名 プレジデント社
発売日 2020年3月13日
雑誌JAN 4910045920408
雑誌コード 04592-04
税込価格 1,200円

商品内容

特集情報

「WIRED VOL.36」 特集:WIRED University|

出版社情報

◎FUTURES LITERACY
  2020年代の必須科目30

◆GOODBYE DIGITAL―HELLO QUANTUM
  「0と1」にサヨウナラ、「量子」にコンニチハ
◆Quantum Gravity will
  Shape the World
   “時間”の再解釈
    天才カルロ・ロヴェッリが指南する
     “クオンタムネイティヴ”へのマインドセット
◆RE−EXAMINING THE MECHANISM OF
  THE HUMAN MIND
   ノンバイナリー時代の「科学のありよう」「心のありよう」
    高橋恒一×安田 登
◆When it Comes to Choose OUR FUTURE
  エネルギー大転換
◆The Hard Problem of life
  人工生命は「腹落ちしないこと」の真価を問う
   池上高志 特別講義

◆SUBJECTS FOR OUR FUTURES
  こころして履修せよ! 2020年代の基礎教養20
◆FOR SPECULATIVE FUTURES
  まだ見ぬ未来のためのナラティヴ
   『S−Fマガジン』編集部に訊いた
    本当に見るべき/読むべきSF作品30

◆BOARD GAMES AS A MEDIUM
  「伝える」ためのボードゲーム学
◆The Art of Negative Capability
  (すぐに)問題解決しない学
   複雑な課題を解くカギは「耐える力」にアリ!?
    帚木蓬生

…ほか

おすすめコメント

★CONTENTS★
ようこそ、WIRED UNIVERSITYへ! まずは本誌シラバスに目を通してほしい。本学であなたが専攻するべきはただひとつ、「FUTURES LITERACY」学部だ。この学部は未来を構想し、選び取り、それを実現するためのツールを手にし、実装するための必須科目を、30の学科で構成している。まずは必修としての「量子的想像力」や「科学の再魔術化」、「ALife新世」や「エネルギーの構想力」を学んだあと、「2020年代の基礎教養20」に進んでほしい。『発酵メディア学」から「ときめき学」まで、これが、複雑で多様な現代に求められるFUTURES LITERACYだ!

カルロ・ロヴェッリ、安田 登、高橋恒一、池上高志、熊谷晋一郎、千葉雅也、久保友香、穂村 弘、川田十夢、帚木逢生、ドミニク・チェン、evala、福原志保、樋口恭介、稲見昌彦、石川善樹、伊藤亜紗、丸 幸弘、松嶋啓介、水野 祐、森田真生、並木裕太、小澤杏子、斉藤賢爾、齋藤精一、塩田周三、武邑光裕、玉城絵美、豊田啓介、山本愛優美、北村みなみ、ほかが登場。