• 雑誌
  • 月刊誌

俳句 2019年10月号

出版社名 KADOKAWA
発売日 2019年9月25日
雑誌JAN 4910075011091
雑誌コード 07501-10
税込価格 937円

商品内容

雑誌銘柄情報

現代俳句の動向を展望する俳句総合誌

特集情報

名句の「切れ」に学ぶ作句法/ぼんぼん彩句2(宮部みゆき)|

出版社情報

【大特集】
●名句の「切れ」に学ぶ作句法

 ――俳句は「切れ」によって十七音が詩に昇華する
   といっても過言ではありません。
   「切れ」よって効果的な飛躍や余韻を生み出すことができるのです。
   本特集では「切れ」と「切字」による効果について、
   名句を鑑賞しながら理解を深め、実作の手がかりとなる充実の特集です。
   

 ◇「切れ」とは何か?
    山西雅子
 ◇名句の「切れ」に学ぶ
    柏原眠雨/花谷 清/鶴岡加苗/伊藤伊那男
 ◇読み手によって句の解釈が変わる「切れ」
    鴇田智哉
 ◇実作!「切れすぎ」と推敲のポイント
    朝妻 力/押野 裕/白石渕路
  


【特別寄稿】3か月連続新作短編掲載!!
◆宮部みゆき ぼんぼん彩句[2]
 〈鋏利し庭の鶏頭刎ね尽くす〉


【特別レポート】
◆第22回 俳句甲子園全国大会


【私の俳句クロニクル】 
◆友岡子郷 〈前編〉


【日本の俳人100】 
◆小川晴子句集『今日の花』特集
 ・新作七句ほか=小川晴子
 ・人と作品=寺井谷子
 ・一句鑑賞=鈴木貞雄・山崎祐子・櫛部天思・阪西敦子


◆小原啄葉句集『草木』特集
 ・発刊に寄せて=小原啄葉
 ・小論=片山由美子
 ・一句鑑賞=栗林浩・鈴木太郎・名村早智子
       ・永瀬十悟・岸本尚毅・成田一子
     

【作品】
◆特別作品50句
  矢島渚男
◆特別作品21句
  大串 章/山口昭男


…ほか