• 雑誌
  • 月刊誌

文学界 2018年4月号

出版社名 文藝春秋
発売日 2018年3月7日
雑誌JAN 4910077070485
雑誌コード 07707-04
税込価格 970円

商品内容

雑誌銘柄情報

日本文学を常にリードしてきた伝統ある純文学誌

特集情報

死ぬまでに絶対読みたい名著/深田晃司/古市憲寿初小説|

出版社情報

[特集]
●死ぬまでに絶対読みたい名著

 ―人類の遺産である不朽の名著を、
  第一人者たちがわかりやすく手ほどきする

 ◇中島義道『ツァラトゥストラ』(ニーチェ)
 ◇松本卓也『精神分析入門』(フロイト)
 ◇仲正昌樹『全体主義の起原』(アーレント)
 ◇大澤真幸『社会契約論』(ルソー)
 ◇石田英敬『監獄の誕生 監視と処罰 』(フーコー)
 ◇苅部直『忠誠と反逆』(丸山眞男)
 ◇小林敏明『善の研究』(西田幾多郎)
 ◇若松英輔『無常という事』(小林秀雄)


[創作]
◆深田晃司 海を駆ける
  海から来た謎の男、ラウ──
  『淵に立つ』の注目監督が最新映画を自ら小説化!
◆古市憲寿 彼は本当は優しい
  仕事と母の病気に引き裂かれるニュースキャスター。
  気鋭社会学者のデビュー小説

[追悼 石牟礼道子]
◆池澤夏樹 石牟礼さんがお果てになった
◆伊藤比呂美 詩的代理母のような人

[ノンフィクション]
◆堀川惠子 峠三吉とその時代──戯曲『河』を巡る群像

[第48回九州芸術祭文学賞発表]
◆発表と選評
◆村田喜代子・又吉栄喜・五木寛之

[エセー]
◆松村圭一郎 暮らしに政治をとりもどすために
◆樋口恭介 この世界のこの私


[連載小説]
◆田中慎弥 地に這うものの記録 第六回
◆島田雅彦 不死男 第十一回
◆阿部和重 Orga(ni)sm 第十八回
◆宮本輝 潮音(ちょうおん) 第三十三回
◆しまおまほ スーベニア 第二十八回 そういう男


〈最終回〉
◆御厨貴 御厨流政治道場 最終回 政治学者の黒歴史
◆栗原康 執念深い貧乏性 最終回 ババア一擲


…ほか