• 雑誌
  • 月刊誌

陸上競技マガジン 2020年7月号

出版社名 ベースボール・マガジン社
発売日 2020年6月12日
雑誌JAN 4910093050706
雑誌コード 09305-07
税込価格 980円

商品内容

雑誌銘柄情報

全国のアスリート必読 日本陸連機関誌

特集情報

陸上界気になるあの話題に迫る(2)・地区別高校生注目選手紹介|

出版社情報

【男子走幅跳 隆盛の時代 Go for Tokyo2021】
◆Interview
 ・橋岡優輝(日大) 自ら描く「完成形」への道標
 ・津波響樹(大塚製薬) 東京でドーハのリベンジを
◆Close−up
  城山正太郎(ゼンリン) さらなる歴史を切り拓くために
◆上位を虎視眈々と狙うトップロングジャンパーズ
  山川夏輝、藤原孝輝etc.
◆日本勢が相まみえる世界の跳人たち
  T・ゲイル、J・M・エチェバリアetc.
◆日本代表五輪小史
  〜男子走幅跳&三段跳

【大学生女子Close−up】
◆ドーハ世界選手権3000mSC代表
  吉村玲美(大東文化大2年)
   学生記録、日本記録、その先に続く世界の舞台へ
◆全日本大学女子駅伝3連覇中
  名城大 勝ち方にこだわり、レベルアップした姿を見せる

◆東京五輪男子競歩代表対談
  池田向希&川野将虎(東洋大4年)
   共に歩んだRoad to Olympic

【高校生企画】
◆地区別トップ選手紹介
  南北関東・北信越 編
   大野瑞奈、近藤翠月etc.
◆2019−20地区別高校ランキング

【箱根駅伝2021】
◆中央大 待ち遠しい「C」の変身
◆酒井俊幸監督(東洋大)
  個々の自立で「回帰と挑戦」を

【東京2021企画】
◆Another Story
  大塚祥平(九電工・男子マラソン代表候補)
   地道に、泥臭く、未来へ――
◆セバスチャン・コー(世界陸連会長) インタビュー〜後編〜
  世界選手権1年延期の背景と進境著しい日本の陸上界への期待
◆東京五輪スターファイル 第4回
  K・ウォーホルム(ノルウェー/男子400mH)

【今できること企画】
◆トップアスリート23名が勧める愛読書「読む陸上競技」
◆誌上で公開「#いまスポーツにできること」
  トレーニング講座 市川華菜、山本凌雅etc.
◆Interview 秋本真吾
  「オンラインからスポーツを盛り上げる」
◆秋本真吾のスピードスターへの道 特別編

…ほか