• 雑誌
  • 隔週刊誌

財界 2021年11月2日号

出版社名 財界研究所
発売日 2021年10月20日
雑誌JAN 4910207411119
雑誌コード 20741-11
税込価格 760円

商品内容

雑誌銘柄情報

経営エグゼクティブから中堅ビジネスマンまでの必読誌

出版社情報

【TOP REPORT】
◆再エネへの期待と課題、バイオマス発電では林業との提携──
  地域に事業と雇用の創出を
   レノバ・木南陽介の再生可能エネルギー論
    「いろいろな企業・地域との連携で日本の強さを!」
 ・レノバ社長 木南陽介
   「再エネ事業は地元との共存共栄が基本。
    地元の潜在力を探していくことは非常にチャレンジング」
 ・資源・エネルギー不足でインフレ懸念も
   国産エネルギーの開発が不可欠
 ・レノバ会長 千本倖生
   「社会の最重要基盤に変革を起こすのが
    わたしのビジョンであり目標。次はグリーンで日本の改革を!」


【特集】
●日本の制度設計

 ◇フューチャー会長兼社長 金丸恭文
   〈規制改革〉
 ◇ワクチン接種の普及と社会活動の後押しを両立
   民間初の「ワクチンパスポートアプリ」
 ◇「病院間の連携で危機克服を」
   横倉義武・日本医師会名誉会長が強調
 ◇第6波対策、経済政策、エネルギー対応
   直面する政策課題に岸田政権はどう向き合うか?
 ◇東急不動産ホールディングス社長 西川弘典
   〈SDGsを取り込んだ不動産開発〉
 ◇全国地方銀行協会会長(静岡銀行頭取) 柴田久
   〈再編機運もある中、地銀の役割をどう果たすか〉
 ◇全国約127万社で後継者不足、この問題をどう解決しますか?
   答える人 日本M&Aセンターホールディングス社長 三宅卓
 ◇ビジネス・ブレークスルー大学大学院名誉教授 廣瀬光雄
   〈このままでは日本の産業は後れをとる〉
 ◇ベース社長 中山克成
   〈人手不足下のソフトウェア業界を生き抜く!〉
 ◇日本のガバナンスのあるべき姿を語ろう!
   早稲田大学名誉教授 上村達男 × 早稲田大学名誉教授 岩村充
 ◇日比谷パーク法律事務所代表・弁護士 久保利英明
   〈監事・監査役の役割〉


…ほか