• 雑誌
  • 月2回刊誌

婦人公論 2021年4月13日号

出版社名 中央公論新社
発売日 2021年3月23日
雑誌JAN 4910261020418
雑誌コード 26102-04
税込価格 620円

商品内容

特集情報

親子の距離はほどほどでいい|

出版社情報

[特集]
●親子の距離は「ほどほど」がいい

 ◇読者に聞いた胸の内
  口には出さない、あれやこれや
 ◇二世帯住宅は完全分離型で
  慣れない料理を作り、小木一家と食卓を囲む毎日です
   森山良子
 ◇母はいつでも支配者だった
  苦しみの果てにたどり着いた年に一度のLINE
   植本一子×信田さよ子
 ◇家族でも、癒やせないことがある
  父を悼む母・栗原はるみにいまなにをしてあげられる?
   栗原友
 ◇老年行動学で解説
  わがまま、頑固、家事が雑……親の変化に戸惑ったら
   佐藤眞一
 ◇遠くの娘より、近くの嫁
  頼れる相手は血縁だけじゃない
   海老名香葉子
 ◇ルポ 会えない日々をどう乗り切る
  コロナ下の介護、負担は増すばかりで
   上田恵子
 ◇離れていてもお互い安心
  プロが伝授する見守りアイテム
   工藤広伸
 ◇読者体験手記
  わが選択は、悔いだらけ


[第2特集]
●意外に身近なことなんです
  暮らしのなかのSDGs

 ◇第一人者が詳しく教える
  SDGsはやわかり
   解説◎蟹江憲史
 ◇読者アンケート・164人の生活習慣を覗いてみると
  すでにはじめている「小さな一歩」
 ◇頑張ることより、続けるほうを
  「未来よし!」は優しい気持ちから
   蟹江憲史×本上まなみ


[読み物]
◆緊急読者アンケート
 森喜朗さんの発言、私たちはこう受け止めた
◆三男三女の父が“朝の顔”に
 谷原章介 家ではジャイアン。実は甘いパパかも!?
◆自分のしたいようにすればいい
 麻実れい 70代だからこそ、冒険ができたら
◆追悼 宝塚音楽学校の同期が語る
 峰さを理さん、もう一度、一緒に舞台に立ちたかった
  寿ひずる
◆単純で不可欠な臓器・心臓と向き合って
 上皇陛下の執刀医が語る人生100年時代の生き方
  天野篤
◆カラーグラビア&インタビュー
 純烈 いまこそ新たな挑戦を

◆おひとり様の遺産の活かし方


[新連載]
◆ブレイディみかこ
 転がる珠玉のように


…ほか